英語版ホームページ制作

デザインだけで選べないフォント・・・外国語版制作

外国語版ホームページ制作

外国語版の制作でフォントを選ぶ際、デザイン上だけでなく歴史や宗教をも考慮しなければならないことがあります。

例えば、ある国では特定のフォントが使えないといったことがあります。
そのフォントが過去の苦い歴史を象徴するということで使用はご法度という場合があります。いわゆる「タブー」ということですね。

デザインだけでは選べない海外のフォント事情というところでしょうか。