CMS

topPanel_image050

お客様サイドでお知らせや記事を更新
運用・管理コスト削減
多言語(日本語・英語・ほか)対応
スマホなどモバイルにも同時対応

CMSのイメージ

pagePanel_image005

  1. 制作サイドでデザイン・カスタマイズ等 テンプレート化
  2. お客様サイドで記事の投稿・更新
  3. テンプレートのフォーマットで公開

WordPressで構築するCMS

topPanel_image051

オープンシステムの「WordPress」はGPLライセンスに基づきシステムそのものは無料で自由に利用可能。他のシステムに比べ単純にその分コストダウンが図れます。
CMSにおいて日本国内ではダントツのシェアが「WordPress」の魅力を明確に証明しています。

CMS / WordPressで構築するメリット・デメリット(※ハンドコーディングと比較)

メリット
  1. 社内でほぼ対応:お知らせや記事の更新が簡単で迅速
  2. 一元管理・一括更新:一貫性のある統一されたデザインコンテンツ
  3. 高いシェアならではの豊富な情報
  4. SEOとの相性が良い:個人のコーディングスキルに依存しない
  5. 外出先からスマホでお知らせや記事を更新:スマホ用アプリ
  6. リニューアルが容易:コンテンツはデータベース、デザイン・レイアウトはテンプレート
  7. SNSとの相性が良い:記事を同期(例>同時にfacebookにも自動投稿)
デメリット
  1. 要バックアップ:自動バックアップのサーバーがお勧め
  2. 構築費用がハンドコーディングよりやや高コスト
  3. Webデザイナーだけでは構築が難しい(HTML/CSS/PHP/Script)
  4. 管理画面操作のスキルを習得(その分更新費用がかかりません)